行政書士試験

【行政書士試験】『2020年版出る順行政書士 40字記述式・多肢選択式問題集』を買ってみた

本試験まで15日ですが、先週購入しておいたLECの『2020年版出る順行政書士 40字記述式・多肢選択式問題集』を今日はじめて解いてみました。

まだAランクの問題を数問解いただけですが、Amazonのレビューでは難しいとされている書き込みがありましたが、模試や本試験と比べてみても、今のところそれほど難しいとは感じていません。

また既に購入済みのTACの『みんなが欲しかった! 行政書士の40字記述式問題集 2020年度』と比べると、

『出る順』の方が解説が細かく、関連知識まで記載があり、親切に感じます。

また、『出る順』には、別冊の解答用紙がついていて、これがとても便利です。

この枠があることで、いちいち文字数を数えて、33字以上40字以下にあるかを確認する手間がなくなり、効率がぐんと上がりました。

私はこの解答用紙をEvernoteに取り込んで、いつでも印刷できるようにしてあります。

『みんなが欲しかった』の解説は、記述式問題を初めて取り組む人向けに、問題を読み解き、解答の文章を組み立てるテクニックの説明に多くのスペースを使っているため、個々の法律としての解説のスペースは少なくなっています。

ですので、問題の論点に疑問が起きたりすると、自分で調べる必要があります。

TACの『みんなが欲しかった! 行政書士の40字記述式問題集 2020年度』は初めて記述式を勉強する人、記述式解き方がわからない人に向いています。

LECの『2020年版出る順行政書士 40字記述式・多肢選択式問題集』は試験レベルの記述式を勉強したい人、ある程度記述式の書き方がわかっている人に向いています。

[tsnccd post_id=”4592″]

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。