【バイク】Vストロームに乗り換えます

3 min 142 views

先月、2007年製のマジェスティが納車されたばかりでしたが、いろいろとありまして、1ヶ月少々でお別れすることにしました。

いくつか理由を紹介します。

騒音苦情

私はいわゆる「団地」に住んでおりまして、バイクのマフラーの音は異常なほど響きます。

購入したマジェスティはBEAMSの社外マフラーで、結構な爆音を発します。

購入して数日目に、エレベーターホールに「騒音にご注意を!」という張り紙があり、おそらく、私のバイクが原因かと思いました。

乗っていて、恥ずかしい

マフラー音もそうですが、マジェスティの外観が、今どきのバイクとしては、派手すぎるというか、50歳間近の男が乗るバイクではない気がして、乗るのが恥ずかしくなってきました。

社外の外装や、リアのグリップの塗装など、納車されてから各所にチープさを感じるようになり、愛着が薄れていってしまいました。

ライフスタイルにバイクが合っていない

バイクは、ライフスタイルや、服装、その人の性格までも選ぶような乗り物で、車よりも乗り手を選ぶ乗り物だと思います。

20年前、初めて買ったバイクもマジェスティでした。

その時、私はテニスコーチが仕事で、学校にもバイクで通っていたため、シート下にラケットやリュックが収まる収納力が私のライフスタイルに合っていました。

逆に、勉強とテニスが全ての人生であった当時は、ツーリングやキャンプといったシーンは想定していませんでした。

今もテニスをしますが、週末にちょこちょこやるだけで、どちらかといえば、一人あるいは子供を載せてキャンプツーリングをすることがバイクの主な使用シーンです。

行き先は、山、川、海などで、距離も比較的眺めのツーリングで、高速道路を使用するシーンも増えました。

ニーグリップができなマジェスティは山道、高速道路では特に不安が大きく、ストレスが多くなってきました。

SNSやYou Tubeでマジェスティの需要が少ない

マジェスティが製造中止になってしばらくたっていますが、ユーザーの興味もすでに250ccクラスのスクーターは需要が少なくなっていたのだろうと思います。

You TubeやTwitterのアクセスの伸びの少なさから、そう感じました。

「アドベンチャーバイク」というカテゴリー

という訳で、いろいろと理由があって、Gooバイクで山道も走れ、キャンプに行けて、高速も走れるバイクを探していました。この要求を満たすバイクは「アドベンチャーバイク」というカテゴリーで、少し前まではBMWが主流でしかも大型車がメインだったものが、最近は日本のメーカー各社から250CCのエンジンを搭載したモデル発売し、にわかに活況となっっている分野です。

私の免許は中型ですので、400ccまで乗れるのですが、車検が無いぎりぎりのサイズの250ccがコスト的にも魅力的です。

250ccとはいえ、通常の250ccと比べると大きめの車体であることが多く、積載量が多いことが特徴で、まさに、「旅をするため」のバイクです。

250ccのアドベンチャーバイクといえば、

  • スズキのVストローム
  • カワサキのVERSYS-X 250
  • ヤマハのツーリングセロー(生産終了)
  • ホンダのCRF250ラリー

の4車種が主流です。

一言でアドベンチャーバイクといっても、これらのバイクは少しずつ正確が違います。

これらのうち、ツーリングセローとCRF250ラリーはオフロードが得意で、まさに「どこでもいける」バイクです。高速走行はそれほど得意ではないようです。

Vストロームがオンロード寄りのバイクで価格が抑えめ。

VERSYS-Xもどちらかといえばオンロード寄りでありながら、価格は高め。

といった違いがあります。

2017年製のVストローム

Gooバイクでちょこちょここういったアドベンチャーバイクの価格をウォッチしていたのですが、先日、2017製のVストロームが在庫処分価格で販売されているのを発見し、早速現車確認に行きました。

なんと、価格は42万円台です。正直、中古よりも安い。

2017年製でABSがつかず、マフラーのカバーの形状が違うけど、メーカー保証が2年、お店の延長保証がプラス1年付き、しかも、エンジンオイル40Lも付いてくるということは、同じ金額の中古のセローを買うよりもかなりお得じゃないですか?

色が黄色というのも、他のバイクには使われていない色で、いいと思います。

もともと、私は、黒と黄色の組み合わせは好きでした(タイガースファンではありません)。

デザインは落ち着きがあって、なんというか、40過ぎたオジサンが乗っても恥ずかしくないバイクだと思います。

シートカバーがついていますが、当日はバイクに跨らせてもらうことが出来きました。

足つきはかかとまでベッタリ(身長175cm)。

マジェスティと比べると、全長はほぼ同じで、幅がスリムな印象。(マジェスティが250ccとしてはかなり大きかった)

400ccクラスのバイクと同じぐらいのサイズ感です。なので、それほど大きくはなく、取り回しはしやすそうでした。

新車ということで、バッテリーが付いていなかったので、メーターの表示やエンジン音は確認できませんでした。完全に、見た目と、You Tubeでのレビュー動画、そして価格で決めてしまいました。

また、マジェスティの下取りも結構いい値段をつけてくれたのが良かったです。

通常、中古車ですと、整備と登録で注文から納車まで2週間かかるのですが、このバイクは新車なので、1週間で納車できるということも、大きな魅力でした。

納車予定は8月24日です。

2017年モデルということで、沢山の先輩You Tuberさんが動画を上げているので、少しずつ勉強させてもらっています。

Tomidai

母子家庭→中学で新聞配達→中高テニス→Fラン大学中退→テニスコーチ→慶大法通信→小商社→慶應通信卒→TOEICで外資メーカ→暗号通貨マイニングブログ失敗→外資系メーカー再転職→ブログ再開・You Tubeチャンネル開設→行政書士試験勉強。ダイエットで重-15kg脂-15%達成。TOEIC885 ブログ毎日更新、2020年行政書士試験受験します。Vストローム250購入し、時々プチツーリングします。合格したら遠出したい。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

1 件のコメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください