【シャープペン】ぺんてる オレンズネロ 0.2mmと0.3mmの比較

2 min 51 views

2020年6月に、オレンズネロ0.3mmを購入し、2カ月が経ちました。

2ヶ月間使ってみての感想は、「思ったより書きやすくない」という感じです。

私は、0.3mm芯のシャープペンは、他にも、ステッドラーとスマッシュを使っています。

個人的には、0.3mmのシャープペンの中で、オレンズネロは書きやすさという点では、スマッシュの方が少し優れている気がしています。

あるレビューで、オレンズネロは0.3mmの方が0.2mmより書きやすいというのを見て、0.3mmを選んだのですが、オレンズネロとスマッシュの価格差ほど満足度が高いかといえば、そうではなく、むしろスマッシュの方が書きやすい場面もあります。

そこで、「0.2mmのオレンズネロはどうなんだろうか?」という疑問が沸き起こり、また、「六法全書などに書き込むときにより細い字が書きたい」という我儘もあり、オレンズネロ0.2mmを調達してみました。

パッケージの比較

2つ並べて気が付きましたが、0.3mmはシルバー基調、0.2mmはゴールド基調になっています。

0.2mmの方がよりゴージャスに見えます。

本体の違い

本体については、ペン先と芯の太さを示す数字の色の違います。

  • 「0.3」はシルバー
  • 「0.2」はゴールド

また、0.2mmバージョンにだけ消しゴムにピンが付きます。

描きやすさの違い

私の場合、0.2mmの方が0.3mmより書きやすく感じます。

パイプで芯が隠れるオレンズシステムによって、0.2mmでも芯が折れることがなく、0.3mmのオレンズネロよりもよりシャープな字が書けます。

オレンズシステムの欠点である「芯先が見えない」という点も、0.2mmの場合、0.3mmよりも減少していて、狙った場所に小さい字を書き安くなっています。

0.3mmの芯は折れやすいので、この特徴は非常に大きなメリットだと思います。

ちなみに、オレンズネロは芯の太さが0.2mmと0.3mmとの2通りがあります。

私が購入したのは0.3mmですが、0.2mmのモデルは、ペン先のパイプが普段は引っ込んでいるようです。

これは、持ち運び時にパイプが曲がったりすることを防ぐ上で利点だと思います。

その他の寸法や、バランス等はほぼ0.2mmと0.3mmで違いはありません。

まとめ

オレンズネロは、0.3mmと0.2mmの2種類が販売されていますが、私としては、0.2mmのほうがよりおすすめできる結果でした。

よかったら、チェックしてみてください。

Tomidai

母子家庭→中学で新聞配達→中高テニス→Fラン大学中退→テニスコーチ→慶大法通信→小商社→慶應通信卒→TOEICで外資メーカ→暗号通貨マイニングブログ失敗→外資系メーカー再転職→ブログ再開・You Tubeチャンネル開設→行政書士試験勉強。ダイエットで重-15kg脂-15%達成。TOEIC885 ブログ毎日更新、2020年行政書士試験受験申込みました。Vストローム250購入し、時々プチツーリングします。合格したら遠出したい。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください