【シャープペン】三菱鉛筆 消せるカラー芯シャープ ユニカラー 0.5 7色セット

1 min 54 views

最近、カラー芯のシャープペンシルを研究しておりまして、今日はAmazonで、三菱鉛筆の「消せるカラー芯シャープ ユニカラー 0.5 7色セット」を購入しましたので、ご報告させていただきます。

私が大学生の頃は、カラーのシャープ芯など存在していなかったと思います。

今はボールペンと変わらないほどカラフルなシャープ芯が販売されています。

先日、ぺんてるの「アインシュタイン」の赤色を買いましたが、消しゴムでの消えが良くなかったので、三菱鉛筆から「消せるシャープペン」とうたっているので、きっと消しやすいだろうと思い、初めて三菱鉛筆のカラー芯付きシャープペンセットを買いました。

 このセットには、シャープペン7本と消しゴムまで付いています。

色は

  • ピンク
  • レッド
  • オレンジ
  • グリーン
  • ミントブルー
  • ブルー
  • ラベンダー

です。

これだけのセットでAmazonでの販売価格が718円と、消しゴムが50円とするとシャープペン1本あたり100円を切るお得なセットです。

ちなみにシャープペンにはそれぞれ、2本ずつ芯が入っていました。

シャープペン本体の太さは細め。

パイロットの蛍光ペン「フリクション」と並べるとこのような感じです。

本体が細いと、筆箱のスペースを節約できるので嬉しいです。

消しゴムでの消しやすさ比較

ぺんてるの「アインシュタイン」と三菱鉛筆の「Uni」でカラー芯の消しゴムでの消しやすさを比較したところ、圧倒的に三菱鉛筆の「Uni」の方が消えやすいです。

「アインシュタイン」は3往復ぐらいしないと消えないところ、「Uni」は通常の黒色の芯と変わらない感覚で、すぐ消せます。

この点は、「Uni」の方が優れています。

Tomidai

母子家庭→中学で新聞配達→中高テニス→Fラン大学中退→テニスコーチ→慶大法通信→小商社→慶應通信卒→TOEICで外資メーカ→暗号通貨マイニングブログ失敗→外資系メーカー再転職→ブログ再開・You Tubeチャンネル開設→行政書士試験勉強。ダイエットで重-15kg脂-15%達成。TOEIC885 ブログ毎日更新、2020年行政書士試験受験します。Vストローム250購入し、時々プチツーリングします。合格したら遠出したい。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください