おすすめカードゲーム【キャット&(アンド)チョコレート (Cat&chocolate)】

2 min 10 views

家にいる時間が長いと、子供のいる家庭ではゲームをする機会が多いのではないでしょうか?

 

最近はカードゲームもレパートリーが増えていて、人気があります。

テレビゲームよりも頭を使ったり、コミュニケーションが増えて、

家族向きの家での遊び方だと思います。

 

今日はおすすめカードゲーム「キャット&(アンド)チョコレート (Cat&chocolate)」を紹介します。

 

 

キャット&(アンド)チョコレート  (Cat&chocolate)」とは

「キャット&チョコレート」とは、2チームに別れたプレーヤーがカードに書かれたお題を手持ちのアイテムカードにちなんだアドリブで解決策を提案し、他のプレーヤー同意を過半数得るというカードゲームです。

プレイヤーはチーム「キャット」とチーム「チョコレート」にプレイ開始直後に別れますが、どちらのチームに属しているかは、プレイ終了までわかりません。

第1編の幽霊屋敷編は2010年にライトノベル作家の川上亮(秋口ぎぐる)さんが自主制作(同人)カードゲームとしてリリースされ、当初はイベントなどで頒布していたものが徐々に人気が出て、通販をされるようになり、2010年の日本ボードゲーム大賞を受賞しました。(ニコニコ大百科から)

 

「キャット&チョコレート」シリーズ

「キャット&チョコレート」はシリーズ化されていて、いくつかの”編”があります。(第3編以降は編の番号は不明)

一部は入手困難なものもあります。

  • 第1編:幽霊屋敷編
  • 第2編:ビジネス編
  • 第3編:学園編
  • 冠婚葬祭編
  • 日常編
  • 非日常編
  • ガチャピンチャレンジ編

各編のお題やアイテムカードは混ぜて使うこともできます。

 

 

ゲームの詳細

  • プレイ人数:3~6人
  • プレイ時間:約20分

遊び方

各プレイヤーはチームカード(「キャット」または「チョコレート」)を裏向きの状態で引いたら、内容を確認せずに、誰がどのチームかわからない状態でゲームを開始します。

 

各自、手札としてアイテムカードを3枚持ったら、山札からイベントカードを1枚ずつ引き、カードに書かれているピンチな状態を「手札のアイテムを指定の枚数使って、どう乗り切るか」宣言します。

例えば、下の写真のように、イベントカードが「行きたい方面と逆の新幹線に乗ってしまった」で、アイテムカードが「おかん」「ラブレター」「けん玉」だった場合、「おかんにラブレターを書いてけん玉をしながら次の駅まで乗り過ごす」などと提案します。

 

その方法が成功か失敗かは、他のプレイヤーによるジャッジで決まります。

ウケ狙いでも、まっとうな解決方法でも、他のプレイヤーから賛同を得られればOKなので、”笑点”のようなノリで遊ぶのがコツです。

 

 

購入方法

冠婚葬祭編を除く各編はAmazonで購入できます。

 

 

 

 

 

Tomidai

母子家庭→新聞配達でPC買う→中高テニス→Fラン大学中退→テニスコーチ→慶大法通信→小商社→慶應通信卒→TOEICで外資メーカ→暗号通貨マイニングブログ失敗→外資メーカ(適応障害で休職)→ブログ再開・You Tubeチャンネル開設→行政書士試験勉強。ダイエットで重-15kg脂-15%達成。TOEIC885 ブログ毎日更新、2020年行政書士試験合格目標

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください