ケトジェニックダイエットにおける食事

2 min 12 views

ケトジェニックダイエットではケトーシス状態を維持するために、1日の炭水化物摂取量を50g以下に抑える必要があります。炭水化物を減らせば減らすほど、ケトーシス状態に入りやすくなります。(個人差はあります)

では、どのような食事を摂取すればよいのでしょうか?


摂るべき食材

  •        オーガニックなもの
  • 鶏肉・ターキー
  • 脂肪の多い魚  天然のサーモン、ニシン、サバなどオメガ3の多いもの
  • 肉類      牛肉、豚肉、鹿肉など
  • 全脂肪乳製品  ヨーグルト、バター、クリーム
  • チーズ     チェダー、モツァレラ、ブリー(白カビ)チーズ、山羊乳、クリームチーズ
  • ナッツ・豆類  マカダミアナッツ、アーモンド、ウォールナット、パンプキンシード、ピーナッツ、亜麻仁
  • ナッツバター  天然のピーナッツ、アーモンド、カシューナッツバター
  • 健康的な油   ココナッツオイル、オリーブオイル、アボカドオイル、ココナッツバター、ごま油
  • アボカド
  • でんぷん質でない野菜 葉物、ブロッコリー、トマト、きのこ、ピーマン
  • 調味料     塩、コショウ、酢、レモン果汁、天然ハーブ、香辛料

避けるべき食材

  • 小麦製品   パン(全粒粉含む)、クラッカー、クッキー、ドーナッツ
  • 砂糖食品   砂糖、アイスクリーム、キャンディー、メープルシロップ、アガベシロップ、ココナッツシュガー
  • 砂糖飲料   炭酸飲料、ジュース、砂糖の入ったお茶類、スポーツドリンク
  • パスタ    スパゲッティ、麺類
  • 穀物     小麦、米、オーツ麦、シリアル、トルティーヤ
  • でんぷん質  ジャガイモ、サツマイモ、バターナットスカッシュ、トウモロコシ、豆、かぼちゃ
  • 豆類     黒豆、ひよこ豆、レンズマメ、インゲン豆
  • 果物     柑橘類、グレープ、バナナ、パイナップル
  • 高炭水化物  バーベキューソース、砂糖の入ったドレッシングやソース
  • アルコール類 ビール、砂糖の含まれるアルコール飲料

炭水化物は制限しなければならないのですが、GI値の低いベリー類はある程度摂取可能です。

ポイントは、健康的でピュアな食品をとり、加工食品や体に害のある油を避けることです。


絶対に避けるべき食品

  • 不健康な油   マーガリン、ショートニング、キャノーラやとうもろこしなどの野菜由来の油
  • 加工食品    ファーストフード、パッケージに入った食品、ソーセージやハムなど加工肉
  • ダイエット食品 着色料の入った食品、保存料・糖アルコールやアステルパームの入った食品

ケトジェニックダイエットにおいては飲料に含まれる炭水化物にも気を付けなければいけません。

ジュース、炭酸飲料、アイスティー、コーヒー飲料など多くの飲料に砂糖が含まれています。

砂糖の多い飲料は肥満や糖尿病のリスクを増やすといわれていますので特に注意が必要です。

ケトジェニックダイエットに適した飲み物

  •     水は最も重要な水分補給源です。1日を通してきちんと摂取しましょう。
  • 炭酸水  砂糖の含まれていない炭酸水
  • コーヒー 砂糖なし、クリームはOK
  • 砂糖の含まれていない緑茶

Tomidai

母子家庭→中学で新聞配達→中高テニス→Fラン大学中退→テニスコーチ→慶大法通信→小商社→慶應通信卒→TOEICで外資メーカ→暗号通貨マイニングブログ失敗→外資系メーカー再転職→ブログ再開・You Tubeチャンネル開設→行政書士試験勉強。ダイエットで重-15kg脂-15%達成。TOEIC885 ブログ毎日更新、2020年行政書士試験受験申込みました。Vストローム250購入し、時々プチツーリングします。合格したら遠出したい。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください