【レビュー】ナルゲン(nalgene)のボトルがエコで経済的

2 min 165 views

皆さん、ナルゲン(nalgene)のボトルをご存知でしょうか?

ナルゲンは、年間2選万本売れている、アメリカのキャンプやアウトドア愛好家の間で大人気ののプラスチックボトルのメーカーです。

nalgene(ナルゲン) カラーボトル 広口1.0L トライタンボトル
この記事を読んでほしい人

  • 日々ペットボトル入のミネラルウォーターを飲んでいる人
  • ウォーターサーバーが家・職場に設置されている人
  • 浄水器が家・職場に設置されている人
  • 軽くて使いやすい水やお茶の水筒を探している人

ナルゲン(nalgene)のボトルの特徴

歴史がある

ナルゲンは70年の歴史があるアメリカのプラスチックボトルメーカーですが、元々は研究室用の容器を作っていました。

あるときナルゲンの社長が、ナルゲンの製品がトラベラーの間で使用されているのに気づいて、一般消費者向けの製品を作り始めたのが始まりだそうです。

工場はニューヨーク州のロチェスターにあります。

軽くて頑丈

ナルゲンのボトルは頑丈・シンプル・カラフルが特徴です。

下の写真は、私が6ヶ月使った私のトライタン1Lです。

ナルゲン トライタン 1L

毎日朝から晩まで、会社でも自宅でも、テニスのときも、買い物のときも、水やBCAAを溶かした水をいれていましたが、全く問題がありません。

パッキン不要なのに水漏れしない

トライタンはもともと研究用のボトルですので、密封性は秀逸です。

蓋はパッキン不要な構造ですが、一切水漏れがありません。

蓋を締めるときにズレが発生しないところが、水漏れしないことの理由かもしれません。

また、キャップにストラップについていて、紛失の心配がない点も特徴です。

カラーバリエーションが多い

ナルゲン全製品のカラーバリエーションは合計75色にもなるそうです。

Amazon.co.jpで販売されているナルゲンの主力商品であるトライタンの広口1.0Lのカラーバリエーションは16色でした。

Amazon.co.jpで出品されているトライタンのカラーバリエーション
  • 広口1.0L: 16色
  • 広口0.5L: 9色
  • 広口1.5L: 4色

洗いやすい

広口タイプは特に、ボトルの中・外ともに洗いやすいです。

耐熱性・耐冷性が高い

  • 耐熱温度:本体100℃/キャップ120℃
  • 耐冷温度:本体-20℃/キャップ0℃

お湯を入れても大丈夫ですし、夏には中身を凍らせてクーラボックスの保冷剤を兼ねることも可能です。

BPA(ビスフェノールA)を含まない、体に優しいボトル

近年、ビスフェノールA(BPA)とホスゲン ( COCl2 )から製造されるポリカーボネート(ナルゲンで使用している材質)が、BPAを含む内分泌攪乱物質を溶出する可能性があるという研究結果が報告されています。[8]

ナルゲンは、2008年に、原料の全てをビスフェノールAを含まない「BPAフリー」の材料に変更しました。

経済的で環境にも優しい

トライタンの広口1.0Lの場合、色によりますが、大体2,000円ぐらいです。

もし、毎日500L入ペットボトル入ミネラルウォーターを100円で購入していたと仮定すると、20日でが取れます。

トライタンは耐久性が非常に高いので、水を頻繁に飲む人にとってはとても経済的です。

またペットボトルごみを減らすことができ、環境に優しいとも言えます。

おすすめナルゲンボトル

Tomidai

母子家庭→新聞配達でPC買う→中高テニス→Fラン大学中退→テニスコーチ→慶大法通信→小商社→慶應通信卒→TOEICで外資メーカ→暗号通貨マイニングブログ失敗→外資メーカ(適応障害で休職)→ブログ再開・You Tubeチャンネル開設→行政書士試験勉強。ダイエットで重-15kg脂-15%達成。TOEIC885 ブログ毎日更新、2020年行政書士試験合格目標

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください