文房具

【ノート】Amazonベーシック リーガルパッド

勉強用に使用していたTopsのリーガルパッドが残り少なくなりましたので、Amazonベーシックのリーガルパッドを初めて買ってみました。

リーガルパッドとはアメリカで法曹が使用していることからこのような名前がついています。

特徴は、

  • 欧米レターサイズ(A4よりやや幅広)
  • 黄色い紙(白もある)
  • 青い横罫線に左サイドに見出し用罫線が1本
  • 台紙が厚く、下敷きやホルダーがなくても使える(Topsの場合)
  • 1枚毎に切り離し易いミシン目がついている

といったところ。

普段はコストコで買っているのですが、どうも最近販売されていないようなので、Amazonで販売されているリーガルパッドを購入してみました。

Amazonベーシックのリーガルパッド

50枚綴が12冊セットで1,269円です。

紙質はTopsと変わらないようです。1冊あたりのページ数がTopsより少ないせいか、台紙の厚みが薄く柔らかいため、ホルダーが無しでこのリーガルパッドだけを手に持って記入することは難しそうです。

↓これはTopsのリーガルパッド

↓これがAmazon

リーガルパッドホルダーとは

Amazonベーシックのリーガルパッドのように、台紙が薄いリーガルパッドを使う場合は、専用の「リーガルパッドホルダー」を私用することをおすすめします。

リーガルパッドホルダーとは、リーガルパッド専用に作られたカバーのことです。合皮や本側で作られています。リーガルパッドの台紙を差し込む部分がついていたり、切り取ったリーガルパッドを入れるポケット、名刺を入れるポケット、ペンホルダーがついています。

モノによっては、電卓やiPadホルダーがついているものもあります。

私が使用しているのはクリップなしのシンプルな皮のリーガルパッドホルダーで、もう10年ぐらい使用していますが、丈夫で長持ちです。

おすすめリーガルパッドホルダー

私がAmazonで見つけたリーガルパッドホルダーです。

レターサイズ対応のリーガルパッドを選ぶようにすることが重要です。

また、本皮製は見た目や手触りは良いですが、もともとリーガルパッドが大型なので、重さも重くなりますので、注意しましょう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。