文房具

ステッドラー シャーペン 0.3mm オールブラック 925 35-03Bのレビュー

製図用シャープペンシルとして定評のあるステッドラー925 35に、デザインにこだわったオールブラック仕様が販売されているので、より細かい文字を書く時用として、購入してみました。

行政書士試験の勉強をしていると、基本書や六法全書の余白に小さい文字を書く事が多く、細い字をきれいに書ける筆記具は重宝します。

ステッドラーの925 35は、製図用に設計されていて、小さい文字を書きやすいシャープペンシルでした。

ペン先のスリーブ(パイプ)以外全てブラックで統一

「オールブラック」という名前の通り、ペン先の4mmのスリーブ部以外は全てブラックです。

ロゴは光沢のあるグロスブラックになっていて、非常にスタイリッシュなデザインに仕上がっています。

“STEADTLER”の右にはオールブラックだけに付く筆記体のBの文字が刻印されています。

ステッドラーのロゴ

材質

芯の硬度の表示窓

ボディの材質はアルミです。

カヴェコペンシルスペシャルもそうですが、オールアルミのシャープペンシルは書いているときの安定感がプラスチック製よりも高いです。

持ちやすさ

ステッドラー925 35はグリップ部のローレット加工がありペンが滑ることがありません。

個人的な感想として、持ちやすさだけでいえば、オレンズネロよりも持ちやすく、カヴェコペンシルスペシャルと良い勝負です。

軸がブレにくい

ステッドラー925 35の口金の中には、ゴムのリングが入っています。このリングによって、使用中に口金が緩んだりすることがなく、軸が安定します。

また細めかつ硬めの本体から、カチッとした書き味になっていると思います。

キャップ部に芯型が表示されています

芯が折れやすい

ステッドラー925 35は持ちやすく、細かい文字を書きやすいのですが、若干芯が折れやすいと思います。

これは、おそらく製図用として視界を広く保つため、4mmという長めのスリーブ(ペン先のパイプ)が使われていることが原因だと思います。

この特徴はオレンズネロと対局にあります。

オレンズネロはスリーブにつねに芯が覆われているため、芯が折れないですが、代わりに芯の先が見えないため、細かい字を書きにくいです。

まとめ

製図用シャープペンシルとして定番のステッドラーは、細かい字を書くのに最適なシャープペンシルでした。

0.3mmの芯は折れやすいので、用途に合わせて、シャープペンシルを使い分ける必要があると思います。

ステッドラー オールブラック 925 35-03Bに興味のある人は、ぜひAmazonでチェックしてみて下さい。

One comment on “ステッドラー シャーペン 0.3mm オールブラック 925 35-03Bのレビュー

[…] ステッドラー シャーペン 0.3mm オールブラック 925 35-03Bのレビュー […]

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。