行政書士試験

【行政書士試験過去問】『出るとこ千問ノック』と付箋過去問学習法

7月から学習をスタートした『肢別過去問集』は7周目に入りました。

週に1周させるペースで繰り返しこの『肢別過去問集』を学習することにした結果、

LECの到達度確認模試の第2回では自分の中で法律科目の最高得点をとれましたので、

このまま『肢別過去問集』を軸に続けていこうと思います。

ただし、同じ問題集を解いていると飽きも出てきますので、以前購入しておいた、TACの『出るとこ千問ノック』もちょこちょこ解いていました。だいたい、1日あたり12ページほどのペースで、箸休め程度に取り組んでいたのですが、問題の難易度は『肢別過去問集』よりやや難しい印象です。

付箋過去問勉強法

今日は、私の過去問学習法を紹介します。

下の写真で、付箋がたくさん貼ってあるのがわかると思います。

付箋は、間違えた問題にそれぞれ貼ってあります。

使う付箋は、なるべく小さいものが向いています。

あるいは、透明の付箋も使いやすいです。

『でるとこ千問ノック』は今日から2周目に入りますが、もし付箋のある問題を正解できたら、付箋を剥がします。

もし間違えたら付箋はそのままです。

また、新しく間違えた問題にも付箋をはります。

このようにして、付箋の数を減らしていくのが私の勉強法です。

付箋が徐々に減っていくことが、自分の理解度の目安になります。

よかったら、お試しください。

[tsnccd post_id=”4592″]

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。