【行政書士試験】合否通知書が届きました

2 min 244 views

Tomidai

Tomidai

慶應義塾大学法学部卒 法学士 TOEIC885

日系理化学機器輸入商社、日系センサーメーカー、外資系真空機器メーカー、外資系化学装置メーカーを経て、令和2年度行政書士試験合格
令和3年4月15日に東京八王子で行政書士事務所オープン

3児の父・夫
趣味:テニス、ゴルフ

2021年4月15日開業 富永行政書士事務所のホームページ
https://gyosei-tominaga.com/

FOLLOW

合格発表から一夜明けた本日、令和3年1月28日、令和2年度の行政書士試験の合否通知書が届きました。

間違いなく、「合格」とかいてあります。

これを見て、やっと合格した実感が湧いてきました。

総得点は、ギリギリ180点だった

総得点は、合格基準点の180点ちょうどでした。(汗)

このようにギリギリの特典になった原因は、マークシート、特に法令科目の得点の低さです。

中でも、基礎法学、憲法でやられました。

基礎法学は0問、憲法は1問しか取れませんでした。

致命傷といっても過言ではないレベルです。

予備校の模試などでは、マークシートだけで180点を取れたこともあったし、もっとマークシートで余裕が取れていれば、記述式の採点で一喜一憂せずにすむので、安心して合格発表まですごせたはずなのです。

私は、試験中、基礎法学と憲法がこれほどまでに酷いという感覚がなく、比較的すらすらと解き、記述式に使う時間が1時間ありました。

なので、じっくりと記述式の解答を見直す時間も会ったはずなのですが、記述式の最後の問題を解いている最中、何故か、涙が出てきてしまって、冷静に見直しをできなくなってしまいました。

涙の理由は、記述式の最後の解答にある「欠缺」という言葉が、私が20代のころ、司法書士試験を勉強していたときの記憶を蘇らせ、その辛さが、今の辛さと合わさって、それが同時に開放されることになると思ったとき、「やってきてよかった」という思いが、涙を出せました。

しかし、この涙のせいで、記述式の見直しが甘くなりました。

あの涙がなければ、あと10点ぐらいは取れていたと思います。

でも、「合格」は「合格」ということで、前向きに捉えて、次に進んでいこうと思います。

アガルートアカデミーの林先生の無料添削の精度が高い

以上のように、私の行政書士試験は「記述の得点次第」の状況でしたから、予備校の無料添削に、当然申し込みました。

しかしながら、記述式の採点を行ってくれる予備校は、LECさんとアガルートアカデミーさんだけでした。

LECさんの無料採点は結果が出るのが早くて、12月2日から見ることができました。

ところが、LECさんの採点は、記述が6点、総合168点の不合格でした。

正直、この結果にはショックで、かなり落ち込みました。

ところが、12月7日に、アガルートアカデミーの林先生からの記述式無料採点は、18点ということで、総得点がギリギリ180点となる、希望の持てる結果でした。

結果的に本日、行政書士試験研究センターからの通知をみると、アガルートアカデミーの林先生と同じ記述の採点でしたので、おそらく、林先生は行政書士試験研究センターと近い方法で採点をされていると思います。今年、行政書士試験を受験される方はは、もし、アガルートアカデミーさんで無料添削診断があれば、人数限定ですので、早めに申し込むことを強くおすすめします!

Tomidai

Tomidai

慶應義塾大学法学部卒 法学士 TOEIC885

日系理化学機器輸入商社、日系センサーメーカー、外資系真空機器メーカー、外資系化学装置メーカーを経て、令和2年度行政書士試験合格
令和3年4月15日に東京八王子で行政書士事務所オープン

3児の父・夫
趣味:テニス、ゴルフ

2021年4月15日開業 富永行政書士事務所のホームページ
https://gyosei-tominaga.com/

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください