LECの「科目別答練【民法】第1回」を受講しました

2 min 45 views

今日は、LECの「科目別答練【民法】第1回」を受講しましたので、ご報告したいと思います。

特に民法は、今年の行政書士試験から民法大改正により大幅に変わるので、優先的に勉強してきました。

基礎の確認、過去問1周が終わったところでの答練受験です。

この答練は、以下のような内容になっています。

LECの「科目別答練」の内容
  • 試験は自宅で受験(90分)
  • 回答はマークシート、5肢択一式30問
  • 回答済みマークシートをLECに郵送すると、合計20回の締め切り期間ごとに集計され、成績表が返送される。WEBにランクも掲載される
  • 最終締切は2020年10月9日
  • 試験は7回分(行政法2回、民法2回、憲法・基礎法学1回、商法会社法1回、一般知識1回)

行政書士 2020年合格目標:科目別答練【通信】

回答用紙

解答用紙は実際の試験のものより小さいです。

定形サイズの普通郵便に入るサイズになっています。

問題用紙

問題用紙は本試験と同等の文字の大きさと紙のサイズだと思います。

行政書士試験は書き込みOK、蛍光ペン使用OKの特殊な試験ですので、

本試験の練習として、書き込みを練習するのに丁度よいです。

自宅学習の場合のおすすめ学習時間

行政書士試験の本試験は2020年11月8日のは13時から16時までと決まっていますので、できればこの答練も13時から開始することをおすすめします。

昼食後の時間でもありますので、体調を13時からベストに持っていく準備にもなります。

この答練は90分ですので13時kら14時30分までを受験時間とします。

回答が終わったら

答練の解答が終わったら、大きく分けて2つやることがあります。

1. マークシートをLECに発送

答案添削用の封筒が答練セットに入っていますので、それを使ってLECに回答済みマークシートを発送します。(問題用紙は送りません)

なお、WEB講義での答え合わせや自己採点に使いますので、問題用紙にも回答を書き込むなど、自分の回答がわかるようにしておいて下さい。

本試験でも同じ用に答え合わせを行いますので、問題用紙に回答を書き込む習慣を付けましょう。

WEB講義を見ながら、回答の確認・自己採点を行う

WEB講義はブラウザ上で再生する動画になっています。

Chromeの場合、最初に「StarPlayer」というプラグインをインストールする必要があります。

再生スピード最大2倍、10・30・60秒戻しなど、勉強を効率良く行う機能がついています。

この動画の解答・解説は1時間40分ぐらいでした。重要な部分を集中的に解説していて、メリハリのある内容で良かったです。

解答集

この解答集の良いところは、解答集にも問題文が載っていて、見開き左ページが問題、右ページが解答という構成になっているため、復習時に使いやすいという点です。

さすが、LECさんだと思います。

私の結果

30問中20問正解で微妙な結果でした。。

特に、改正された消滅時効など、見落としていた論点もあり、いろいろと発見させてくれた答練です。

間違えた点を確認し、すぐに2回目の答練に取り組みたいと思います。

LECの行政書士 2020年合格目標:科目別答練【通信】へのリンク

下のリンクからLECの詳細ページへ移動できます。

行政書士 2020年合格目標:科目別答練【通信】

行政書士試験

時間
令和2年度行政書士試験まで

Tomidai

母子家庭→新聞配達でPC買う→中高テニス→Fラン大学中退→テニスコーチ→慶大法通信→小商社→慶應通信卒→TOEICで外資メーカ→暗号通貨マイニングブログ失敗→外資メーカ(適応障害で休職)→ブログ再開・You Tubeチャンネル開設→行政書士試験勉強。ダイエットで重-15kg脂-15%達成。TOEIC885 ブログ毎日更新、2020年行政書士試験合格目標

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

1 件のコメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください